経営改善計画書の書き方ダウンロード実績No.1!!経営改善計画書サンプル・ひな型の紹介。

リスケジュールに金融機関が応じてくれない場合どうしたらよいですか。

  • HOME »
  • よくある質問 »
  • リスケジュールに金融機関が応じてくれない場合どうしたらよいですか。

リスケジュールに金融機関が応じてくれない場合どうしたらよいですか。

以下のことを確認してみてください。

リスケジュールに応じてくれない理由を確認すること

まずは、窓口の担当者とよく話をして下さい。応じてくれない理由を確認します。

窓口担当者でらちがあかない場合は、融資部門責任者(課長・部長)ないしは支店長と交渉して下さい。

 

改善の見込みを説明すること

それでも応じてくれない場合は、改善の見込みがないと判断している場合が多いので、改善の見込みがあることを具体的に説明します。

改善の見込みは、何も着手していない段階では全く評価されません。

1週間でも2週間でも何らかの改善実績を出していることが必要です。

 

複数の金融機関からの借入がある場合は

複数の金融機関からの借入がある場合は、理解をしてくれそうな金融機関から先に了解を取り付け、それをてこに他の金融機関とも交渉します。

日本政策金融公庫からの借入がある場合は最優先で交渉して下さい。多くの場合応じてくれます。

経営改善計画書の作成支援、セミナーは TEL 0956-31-5031 受付時間 10:00~18:00(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ

Copyright © 経営改善計画書.com All Rights Reserved.